モバイルで遊ぶジャックポットシティカジノ

日本名称ではスマホ。世界的にはモバイル、つまりi-phoneなどのことですが、ジャックポットシティカジノではマイクロゲーミング系のソフトを利用しているため、スマホで遊ぶことができます。ゲーム数はPC版に比べ少ないですが、40ゲームほどがモバイル版に対応しているとのこと。これからのオンラインカジノの評価はモバイルに対応しているかどうかも考慮すべきでしょう。どうして他のオンラインカジノはなかなかモバイル版に迅速に対応できないかと言えばずばりソフトウェアの構造によるものだと思います。

オンラインカジノはグラフィックや演出、サウンドすべてにおいてそこらへんのプレイステーションに負けず劣らずのクオリティとなっており、ダウンロードを必須とする考え方が主流でした。そういった点でモバイル版ともあればクオリテイを落とさず、同じような仕様にしなければいけないといったハードルがあり、苦戦しているものと思われます。

と言ってもジャックポットシティカジノのように対応を始めているオンラインカジノソフトウェアもあるわけで技術の進歩を考慮すれば瞬く間に様々なオンラインカジノソフトウェアが対応してくることでしょう。ちなみにStarlightKissやTheTwistedCircusも対応しているとのことです

支払いスピードが最も早いオンラインカジノ

オンラインカジノを選ぶポイントの中で、つまり評価を高くする観点には必ず支払いスピードを考慮しなくてはいけません。出金(withdraw)もしくは引き出しと呼ばれるプレイヤーの行為に対し、どれくらいの営業日数でプレイヤーのネッテラーなどの口座に振り込んでくれるかは非常に重要です。ボーナスが多い?それが一番のように思われますが、オンラインカジノ会社から支払いが早ければ早いほど、安定した経営をしていると判断できます。つまり何を言っているのか?ですが、支払いが早い=キャッシュフローが管理されている。支払いが一日早い遅い2つのオンラインカジノがあるとします。

条件は以下の通り

  1. 2つのオンラインカジノがあり、片方は1日支払いが遅い
  2. 支払い申請がプレイヤーの合計として100万ドルあるとする

さて、単純に100万ドル=1億とすると1日遅いオンラインカジノ会社は1日、従業員の給料を早く支払うことができたり為替部門の投資金として流動資産として現金を増やすことができます。つまり、プレイヤー側の立場でなく、オンラインカジノ運営会社の立場で利益がでます。しかしながら、ウレイヤー側からすると損失が出た場合、支払い遅延リスクが高まり損失をオウレイヤーまでが負担しなくてはいけなくなります。

従って、支払いスピードが早いオンラインカジノが断然良いのです。ここでは支払いスピードが早いオンラインカジノを紹介します。

  1. ラドブロークスカジノ
  2. ベット365カジノ
  3. インターカジノ
  4. 32レッドカジノ
  5. ヴァージンカジノ

上記カジノは有名なポータルサイトでも紹介されていますので、オンラインカジノを評価や比較をするひとつの基準にしてみてください。※ちなみに上記のオンラインカジノですが基本はNETELLER口座への引き出しとなり、早ければ数分程度になるでしょう。本当に早いですね。