オンラインカジノ評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

まず初めにオンラインカジノとは

自宅からインターネットで遊べるカジノです。世界的に有名なブラックジャックやポーカーなどが24時間気軽にいつでも遊ぶことができラスベガスやマカオなど本場同様にリアルマネーで遊ぶことができます。もちろん無料プレーもでき、初心者の方でゲームだけを楽しむことも可能です。オンラインカジノを運営する会社とクリプトロジック、プレイテックなどゲームを供給する会社は分かれております。 出展:オンラインカジノとは
オンラインはインターネット=オンライン上で世界的に代表的な娯楽のひとつでギャンブルでもあるカジノが本格的にできること。 それがオンラインカジノです。オンラインカジノについては日本国内で遊ぶことの違法性について問われることがありますが、現在はグレーゾーンとなっています。 しかしながらマスコミがニュースにするネットカジノカフェとは別のものであるということを念頭において(なぜなら、ネットカジノカフェは国内で 金銭のやり取りが発生する明らかに違法である行為に対し、オンラインカジノの金銭のやり取りは事実として国外にあるから)皆さんもアカウントの開設をして下さい。 当サイトはオンラインカジノを運営する会社やソフトウェア、遊び方などを研究し、皆様に公開しています。今すぐ、ブラックジャックやルーレット、バカラで遊びましょう!

ブログ

モバイルで遊ぶジャックポットシティカジノ

日本名称ではスマホ。世界的にはモバイル、つまりi-phoneなどのことですが、ジャックポットシティカジノではマイクロゲーミング系のソフトを利用しているため、スマホで遊ぶことができます。ゲーム数はPC版に比べ少ないですが、40ゲームほどがモバイル版に対応しているとのこと。これからのオンラインカジノの評価はモバイルに対応しているかどうかも考慮すべきでしょう。どうして他のオンラインカジノはなかなかモバイル版に迅速に対応できないかと言えばずばりソフトウェアの構造によるものだと思います。

オンラインカジノはグラフィックや演出、サウンドすべてにおいてそこらへんのプレイステーションに負けず劣らずのクオリティとなっており、ダウンロードを必須とする考え方が主流でした。そういった点でモバイル版ともあればクオリテイを落とさず、同じような仕様にしなければいけないといったハードルがあり、苦戦しているものと思われます。

と言ってもジャックポットシティカジノのように対応を始めているオンラインカジノソフトウェアもあるわけで技術の進歩を考慮すれば瞬く間に様々なオンラインカジノソフトウェアが対応してくることでしょう。ちなみにStarlightKissやTheTwistedCircusも対応しているとのことです

2014年2月7日

williamhillcasinoを評価!

ここ2~3年の間に日本語化したウィリアムヒルカジノ(williamhillcasino)を評価してみます。
以下はウィリアムヒルカジノを詳しく紹介した日本最大級のオンラインカジノポータルサイト(http://www.casinodechokin.com/)にて紹介されている内容です。

イギリス最古の歴史あるオンラインカジノが待望の日本語化で登場
2010年9月、正式に日本への上陸になったウィリアムヒルカジノ。オンラインカジノ界は新しいブランドのカジノが登場しては消え、登場しては消えるという構図ですがウィリアムヒルカジノは歴史が半端ではありません。
なんと・・・、80年以上になります。
もちろん、初めからオンラインカジノでスタートしていたわけではありませんが、創設者のウィリアムヒルがイギリスにてブックメーカーを1934年に開業。いわゆる法の統制が利いていない時代にあっても誠実で信頼できる運営を築き、安定した経営を続けてまいります。その後、イギリスの賭博業界に法的な規制が設けられたのですが、自会社の規制を厳しく行い、厳格な運営という位置づけで市場に参入し、信頼・評判の運営を続け現在に至ります。そんなバックグラウンドを持つオンラインカジノがいよいよ日本語化で本格参入です。
出展:williamhillcasino

ウィリアムヒルカジノの良いところは日本人担当者が熱心であることに尽きると思います。従って、全世界で有名にも関わらず、数多くの日本人プレイヤーがジャックポットを当てるなど現在の日本市場の勢いを感じます。悪いところは熱心がゆえに検索エンジンスパムまがいのサイトまで紹介を許しているところでしょう。インペリアルカジノは非常に厳しくしており、好感が持てますがどうやらウィリアムヒルカジノは異なるようです。
しかしながら、今プレイテックをやるならウィリアムヒルカジノでしょ!というくらい人気も高く、キャンペーンも豊富であるためおすすめできるカジノではあります。

2014年1月2日

2013年度オンラインカジノニュースまとめ

2013年のオンラインカジノについてまとめてみました。

  • インペリアルカジノがプレイテック系ソフトウェアへ移行

インペリアルカジノと言えばグランドバーチャル系のソフトを使用し、国内で礎を築いてきた伝統あるオンラインカジノですが、今年のニュースとしては非常にインパクトが大きかった話題です。信頼のあるオンラインカジノでプレイテック系のオンラインカジノが主流となる中、ぶれないゲーム作りでファンも絶えなかったので今回のプレイテック移行というのは非常に残念。しかも、私含めたプレイヤーの案内が冷たかった。タイミングも遅く、具体的な案内もなかった・・・。本当に残念。オンラインカジノの遊び方を知らない、インターネット初心者やカジノ初心者には非常に厳しい対応でしたね。

  • モンテカルロカジノが日本語に対応

実はインペリアルカジノと同じ母体である運営会社となっています。イギリスのモンテカルロカジノ、この有名なランドカジノのオンライン版といったところでしょうか?ソフトウェアはネットエントということでマニアックなものを使っています。しかしながらビデオスロットを中心に非常に面白い。ヨーロピアンルーレット、ツインスピン、ブラックジャックプロ3ハンド、シークレットオブザストーン、サウスパークなどクラシックなゲーム性ですが、昔からのオンラインカジノファンには持ってこいとも言われています。

このモンテカルロカジノですが、F1でも有名なあの地モナコがスタートのカジノです。1863年までさかのぼり(ランドカジノ)、伝統をそのまま現代のインターネットでしかも日本からもブラックジャックなどすぐに遊べます。著者ははじめてこのニュースを耳に入れた時、寒気と感動と信じられない喜びを覚えています。モンテカルロカジノとは世界のセレブしか体験することのできないゾーンなのであったはずです。映画や大衆の文化作品のテーマとして誰もが知り、例えばカジノ・ロワイヤルでのジェームズ・ボンドを思い浮かべると自然とバカラやルーレット、ポーカーのシックなプレイシーンが脳裏に浮かびます。オンラインカジノの著者である私としては2014年一押しのカジノと言えるでしょう。

  • NETELLERがアメリカで復活

NETELLERは過去にアメリカのオンラインギャンブル禁止法により撤退を余儀なくされ、それにより私たち日本人のサービスも低下した記憶があります。しかし、今年ネバダ州にてオンラインポーカーが合法化となるやいなやNETELLERがアメリカでの営業を復活するニューズが舞い込んできました。当時、経営者が逮捕される、口座が凍結してしまうなど非常に危機感を筆者は感じていましたが、最大の市場であるアメリカでの道が開けたことで明らかに日本人プレイヤーにも恩恵があるはずです。

さて、3つほど2013年の記憶に残るオンラインカジノニュースをまとめましたが今年一年は大きな話題もなく、少し盛り上がりに欠ける一年であった気がします。また、日本においてはベラジョンカジノ、スマートライブカジノ、など日本語対応で日本人サービスを受けられるオンラインカジノが増えたのも朗報なのかもしれません。

2013年12月31日

支払いスピードが最も早いオンラインカジノ

オンラインカジノを選ぶポイントの中で、つまり評価を高くする観点には必ず支払いスピードを考慮しなくてはいけません。出金(withdraw)もしくは引き出しと呼ばれるプレイヤーの行為に対し、どれくらいの営業日数でプレイヤーのネッテラーなどの口座に振り込んでくれるかは非常に重要です。ボーナスが多い?それが一番のように思われますが、オンラインカジノ会社から支払いが早ければ早いほど、安定した経営をしていると判断できます。つまり何を言っているのか?ですが、支払いが早い=キャッシュフローが管理されている。支払いが一日早い遅い2つのオンラインカジノがあるとします。

条件は以下の通り

  1. 2つのオンラインカジノがあり、片方は1日支払いが遅い
  2. 支払い申請がプレイヤーの合計として100万ドルあるとする

さて、単純に100万ドル=1億とすると1日遅いオンラインカジノ会社は1日、従業員の給料を早く支払うことができたり為替部門の投資金として流動資産として現金を増やすことができます。つまり、プレイヤー側の立場でなく、オンラインカジノ運営会社の立場で利益がでます。しかしながら、ウレイヤー側からすると損失が出た場合、支払い遅延リスクが高まり損失をオウレイヤーまでが負担しなくてはいけなくなります。

従って、支払いスピードが早いオンラインカジノが断然良いのです。ここでは支払いスピードが早いオンラインカジノを紹介します。

  1. ラドブロークスカジノ
  2. ベット365カジノ
  3. インターカジノ
  4. 32レッドカジノ
  5. ヴァージンカジノ

上記カジノは有名なポータルサイトでも紹介されていますので、オンラインカジノを評価や比較をするひとつの基準にしてみてください。※ちなみに上記のオンラインカジノですが基本はNETELLER口座への引き出しとなり、早ければ数分程度になるでしょう。本当に早いですね。

2013年12月26日

ジャックポットが出るオンラインカジノ

オンラインカジノは安定して勝てることが最も魅力的なことですが、それだけでは面白くありません。ジャックポットです。ジャックポットとは通常の所謂当たり(色々なカジノゲームでジャックポットがあるため総称して)以外にベット額の一部がオンラインカジノ会社を超えて徴収されて溜まりにたまった金額を唯一のプレイヤーのみが獲得できるスペシャルボーナスです。ゲームソフt毎にジャックポット機能を備えたゲーム、わかりやすいのはビデオスロットですがで強制的に徴収されます。このジャックポットですが日本の宝くじと違い、実は高嶺の花のような存在ではなく、結構当たったりします。数千ドルなんかは頻繁に体験することができますので、ジャックポットを狙うプレイヤーも多く存在します。

ここでは今までのジャックポット搭載ゲームで記憶に残るものを紹介しちゃいます。

  1. ゴールドラリー・・・言わずと知れている、ジャックポットゲームの王道です。プレイテック系のゲームですが日本人でも過去にクラブダイスカジノで数千万円を獲得した主婦の方がいらっしゃいます。
  2. ビーチライフ・・・こちらも有名なジャックポットゲームです。
  3. ジャックスオアベター・・・こちらはビデオポーカーです。こちらはジャックポットと言うとオンラインカジノゲームではビデオスロットが有名なのですが、ポーカーです。その点ジャックポット狙いのオンラインカジノプレイヤーが少ないこともあり、金額が1万ドル以上になっているのであれば是非ともライバルが少なくなるので狙ってみると良いです。

こういったゲームで遊ぶのはオンラインカジノの醍醐味を味わえるので是非とも積極的にチャレンジして下さい。ちなみにプレイテック系のジャックポットの当選が日本で出た!なんていうニュースを良く耳にするのですがその理由はプレイテックの方が他のソフトウェアより世の中に出回っているからでしょう。

2013年12月22日